<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Letters from Father Christmas | main | ぐりとぐらのおきゃくさま >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ジョン・レノンへ

決定盤 ジョン・レノン~ワーキング・クラス・ヒーロー~
ジョン・レノン~ワーキング・クラス・ヒーロー~

 親愛なるジョンへ。
 きみのなかにはいつも弱さと優しさが同居していた。
 「愛と平和」を訴えながら、それを一番欲していたのはきみだということをぼくは知っていたよ。
 死後二十五年、ぼくはきみの亡霊を神聖化などさせない。
 きみがどうしようもないくらい人間臭い奴だったってことを知っているからね。
 まあ、ぼくはきみと同じぐらい弱いくせに、きみほどには優しくなれないさ。
 だからぼくは嫉妬し続けるよ。
 きみの優しさとその声と言葉に力を与えた才能に。
 Happy Xmas!

海 五郎 * 日々雑感 * 02:44 * comments(8) * trackbacks(4)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 02:44 * - * -

コメント

海 五郎さん、おはようございます。

朝ラジオから流れてきた「ワーキング・クラス・ヒーロー」を聴いた時に、今日のここの記事を私は確信(98%ぐらい)してました。・・・っていうか、そうだったらいいなあと、思ってました。
Comment by ruca @ 2005/12/08 10:39 AM
rucaさん
ありがとうございます。
夜中に勢いで書いてしまって、朝になったら自分が何を書いたのか怖くて見ずにそのまま出かけました。

今年は没後25年、生誕65年のアニヴァーサル・イヤーということで、ラジオなどでもかつてない規模でジョンの特番が組まれてますね。
ただ、個人的にはいまのジョンを偶像視するような風潮には少なからず抵抗があって、昨夜はそのことを何らかの形で書き残しておきたいと思ったわけです。

こんなわけのわからない文章に、誰もコメントのしようがないだろうと思っていたので、rucaさんにコメントを書いていただいたこと、うれしく思っています。
Comment by 海 五郎 @ 2005/12/09 1:12 AM
ありゃ、また海五郎さんと話題がかぶってた(^_^)。というわけでTBさせていただきました。Happy X'mas は、我が家のチビのお気に入りなのです。

自分に子供が生まれたら子供のこと歌っちゃう。戦争が起きたら平和のこと歌っちゃう。そんなレノンのナイーブさが妙に胸にしみるようになったのって、大人になってからかも知れません。
Comment by なつめ @ 2005/12/09 2:54 AM
なつめさん
ほんとですね(笑)。

ぼくはジョンが1ヶ月前に「ダブル・ファンタジー」を出してから死んだっていうのは、ジョンにとっても残されたぼくらにとっても救いだったと思っているんです。
あのアルバムに収められたジョンのナンバーはどれも彼の優しい部分が出ていて、その優しさが余韻として残りましたからね。
Comment by 海 五郎 @ 2005/12/09 3:22 AM
海 五郎さん、おはようございます。

海 五郎さんのように毎年ジョンに話しかける人が世界中に何人いるんでしょうね。幸せ者ですよね。

こんなCDが出ているのも知りませんでした。いいことを教えてもらいました^^。

クリスマス絵本の方も毎回楽しみにしています。あと、何冊出会えるかな?
Comment by みぃ @ 2005/12/11 6:38 AM
みぃさん、こんにちは。
ジョンはその才能は別にして、人間的には結構気まぐれなところのある人間だったと思います。
でも、やはり死んでしまうとそのいい面ばかりが残りますね。
それは残されたぼくらにとっても幸せなことなのですが...。

クリスマス絵本紹介は今週末まで続ける予定ですので、また遊びに来てください。
Comment by 海 五郎 @ 2005/12/11 11:54 AM
こんにちわ
昨日の事のように覚えています。

「ジョン・レノンって人が撃たれて死んだんだって」
って、ビートルズのことなど知らない母が
テレビのニュースを見て
わざわざ2Fの部屋までいいにきました。

なんか、呆然とした感じでしたね。
そっからマスコミや新聞がこぞって特集を組んで
ダブルファンタジーが街にあふれました。

25年も経ったのですね。
ジョンの年を越えてしまったのに
成長していない自分です。
Comment by 絵本おじさん @ 2005/12/14 3:37 PM
絵本おじさん、こんばんは。
ぼくもあの日のことは不思議なくらい鮮明に覚えてます。
どこで知ったのか、それからどんな行動をしたのか。
テレビのニュースが「在りし日のジョンの声」といって「ヘイ・ジュード」を流したりしていたので、「あれはポールの声だ」なんて抗議の電話をしたりしましたっけ。
それにしても、人間って成長しないものですね。十代の頃は四十代、五十代なんて、良くも悪くもとんでもないおとなだって思ってましたから。
ほんと、良くも悪くも成長してないです。
Comment by 海 五郎 @ 2005/12/14 9:51 PM
コメントする









トラックバック

【12月8日】真珠湾攻撃か、ジョン・レノン暗殺か?

仕事している間に日付が変わってしまったのですが。12月8日、と聞いて、真珠湾攻撃を思い浮かべるか、ジョン・レノン暗殺を思い浮かべるか、といったあたりで、年代測定が出来る、というのは皆さん感じておられることでしょう。 太平洋戦争は、歴史の教科書の向こう側
From 西瓜糖とサクランボ @ 2005/12/09 2:48 AM

John Lennon \"Imagine\"

ジョン、そっちはどうですか?こっちは相変わらずです。いや、君のいた時よりよくないかな?僕らのせいです。がんばります。
From All Mod Cons @ 2005/12/10 10:15 PM

■『リアル・ラヴ ショーンのために描いた絵』ジョン・レノン

ジョン・レノンがいなくなってもう四半世紀になります。誰もがそう望んでいるはずなのに、"War Is Over"とはなりません。 この本は絵本というよりはタイトルにもある通り、息子「ショーンのために描いた絵」の本。 オノ・ヨーコがこの本の巻頭に「読者のみなさん
From 絵本日記 @ 2005/12/11 6:43 AM

ジョン・レノン

ジョン・レノンジョン・レノン 大英帝国勲章|MBE(John Winston Ono Lennon, MBE-''ジョン・ウィンストン・オノ・レノン'',1940年10月9日 - 1980年12月8日)は、音楽家|ミュージシャン(歌手、作詞家|作詞・作曲家、ギタリスト)。イギリス・リヴァ
From まなみの日記 @ 2007/06/13 7:20 AM
このページの先頭へ