<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< なかなおり | main | 追悼 石井桃子さん >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

anmitsu book

anmitsu book
anmitsu book


 以前にここでも紹介した高校生がつくるフリーペーパー「anmitsu」。
 今ではぼくは名ばかりの協力者なのですが、思えばこの「anmitsu」を最初に作った二人の高校生(当時)とは、彼らが小学校3年生のときに「わくわく村」と題したキャンプに一緒に行ってからのつきあいでした。
 その「anmitsu」も創刊から早4年。今月、12号が発行されました。ぼくから何らかの形で「楽しさを創造する」ことが二人の高校生に伝わって、それがまた次代の高校生編集部員に受け継がれているのだとすれば、こんなに感慨深いことはありません。まあ、これはぼくの自己満足に過ぎないのですけどね。

 ぼくが思わずそんな感慨にふけってしまうのは、「anmitsu」が本になったからです。その名も「anmitsu book」。
 創刊から10号までの誌面と編集の舞台裏、歴代編集部員の横顔などがぎゅっと詰め込まれたとてもかわいらしい本です。

 でも、かわいいだけじゃありません。この本に収められた「anmitsu はどうやってうまれたのか?」という初代編集長の文章には次のような一節があります。

  記事からは見て取れませんが、私は『anmitsu』は実はなかなかパンクな
 フリーペーパーではないかと思っています。「高校生なんてきっとこんな感
 じでしょ」と社会から与えられたものなんか全然おもしろくないし、それな
 ら私たちがもっと素敵なものをつくってみせよう! そんなチクッと挑戦的
 な精神が『anmitsu』には潜んでいるからです。こんなにかわいい顔をして
 いて、なんとしたたかなこと。


 この彼女の文章を読んでぼくは思わず目頭が熱くなりました。小学生の時にキャンプに行った彼女がいて、高校生の時に「anmitsu」をつくった彼女がいる。そして、今こうして振り返る大学生の彼女がいる。子どもたちと関わることは、かくもおもしろいのです。

 この「anmitsu book」は上の画像から Amazon でもお買い求めいただけます。ぜひ、高校生たちの思いが凝縮された「anmitsu book」を手にとってご覧ください。

※文中の太字部分は「anmitsu book」より引用
海 五郎 * 日々雑感 * 01:17 * comments(4) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 01:17 * - * -

コメント

こちらでこの本を見て「後日買おう」と思っていたら、
Amazonで品切れになってますね。。。ショック!

ウチの娘もあと1年で高校生です。
編集委員に応募するよう、今から説得中(笑)
Comment by miyaco @ 2008/04/09 2:01 PM
miyacoさん、こんばんは。
版元品切れということはあり得ないので、アマゾンでも買えるように連絡をしておきます。
また、下記のサイトにある特約店でも買えるみたいですので、ぜひお求めください(笑)。
今の主力は2年生なので、来期の新戦力に期待してますね。
Comment by 海五郎 @ 2008/04/10 3:25 AM
届きましたよー、anmitsu book。ことりさんで注文したので、最新号のanmitsuも一緒に。なんか少女時代に戻ったようなときめきをおぼえました。楽しく読ませていただきます♪
Comment by なつめ @ 2008/04/21 8:27 AM
なつめさん
お買い上げありがとうございます。
この本、うれしいことにそれなりに注目を集めているみたいです。
それこそ高校生たちが今の文化にチクッと小さな風穴をあけたかな。
Comment by 海五郎 @ 2008/04/22 12:55 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ