<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

3びきのゆきぐま

3びきのゆきぐま
3びきのゆきぐま
ジャン ブレット/作 松井るり子/訳  ほるぷ出版  

 もう半年もほったらかし状態にもかかわらず、「わくわく本」を訪れてくださったみなさん、ありがとうございます。これからも以前のようなペースでここに書くことができるか自信がないので、こっそりと再開です。

 しかし、こうしてしばらく絵本や子どもの本から遠ざかっていると、久しぶりに訪ねた本屋さんの棚は新鮮です。いろいろと知らない絵本が並んでいて目移りする中で、ひときわ表紙に惹かれたのがこの「3びきのゆきぐま」でした。

 イヌイットの少女アルーキは、魚釣りをしているときに氷の浮島ごと犬ぞりを流されてしまいます。アルーキが犬たちを探していると、そこに見たこともない立派なイグルー(イヌイット達が雪のブロックや氷で作る簡易住居)がありました。 じつはそのイグルーは3匹の親子ゆきぐまのものだったのです。
 ページをめくっていくと、横版の見開きには中央の大きな絵とともに両脇に縦長の小さな絵が配されていて、そこに同じ時間軸でアルーキ、3びきのゆきぐま、犬たちの様子がそれぞれ描かれています。細部までていねいに描かれた絵は、次のページに進んでしまうのがもったいなく思えてしまうほど。氷の大地の凍てつくような空気の透明感が、だからこそそこにある温もりが、見事なまでに描かれています。
 絵本の帯に「気のいい ゆきぐま」という表現がありますが、このゆきぐまたちの気のよさ加減は絵の細かいところまで見ていかないとわかりません。ちゃんと見ていた読者には最後のページでそのことが伝わるでしょう。
 余談ですが、おとうさんぐまがスープを飲むのに使うフクロウが描かれたボウルが気に入ってしまいました。もし、これと似たようなボウルの所在を知っている方がいたら、ぜひお知らせください。
海 五郎 * 外国の絵本 * 12:21 * comments(38) * trackbacks(24)

なかなおり

なかなおり
なかなおり
シャーロット・ゾロトウ/文 アーノルド・ローベル/絵 みらいなな/訳  童話屋  

 もうだいぶ以前のことですが、テレビで高速道路渋滞のメカニズムについて見たことがあります。ある車が何気なく踏んだブレーキが連鎖して渋滞を引き起こすといったようなことです。
 こういう連鎖って、人間の感情にもありますよね。誰かがちょっとしたことで不機嫌になって、それが人から人へと連鎖していく。ぼく自身、もう少し若い頃は何かにつけ不機嫌になっていたので、いまは反省の日々を送っています。

 さて、きょうの絵本は「なかなおり」です。
 じゃあじゃあぶりの雨の日、パパは不機嫌に出かけてしまいました。それがママへ、そして息子のジョナサンへ、姉のサリーへ、サリーの友だちのマージョリーへ、マージョリーの弟のエディへと、まるで小石を水面に投げ込んだときのように不機嫌は広がっていきます。
 ねえさんにいじわるされたエディは犬のパジーに八つ当たりです。パジーをベッドから追い出しました。

 でも パジーは へこたれません。くらくたって じゃあじゃあぶりだって
 なんのその。エディと あそびたくて しっぽを ぴゅんぴゅん ふりました。


 お話はここが折り返し点です。パジーから最初に登場したジョナサンのパパまで戻ります。そのとき何が連鎖したのかは読んでのお楽しみ。

 この歳になって、また絵本から人生に必要なことを学んでしまいました。

※文中の太字部分は「なかなおり」より引用

海 五郎 * 外国の絵本 * 01:13 * comments(2) * trackbacks(20)

特急キト号

特急キト号
特急キト号
ルドウィッヒ・ベーメルマンス/作 ふしみみさを/訳  PHP研究所   

 この「特急キト号」はベーメルマンスがアンデスを旅して、実際にキト号に乗った思い出を絵本にしたものです。すべて茶色一色で描かれたこの絵本からは、アンデスの土の香りとベーメルマンスのアンデスへの愛着が伝わってきます。
 ベーメルマンスの絵には「マドレーヌ」のシリーズもそうですが、不思議な魅力があります。さらっと描かれているようでその表現は繊細で、なによりも線に勢いがあり、半世紀以上の時を経ても少しも古くささを感じません。この絵本でも、読者は主人公ペドロの目がほとんど二つの点で描かれているにもかかわらず、それがいろいろな表情を形作っていることに驚かされることでしょう。

 アンデス山脈の麓に暮らす小さな男の子ペドロは、近くを走る赤い機関車特急キト号を見るのが大好きでした。ある日、ペドロは母と姉と一緒に市場へ出かけ、ひとりでキト号に乗り込んでしまいます。そうして、ペドロの冒険の旅が始まりました。

 お母さんに似た 女の人のわきに、ちょこんとすわりました。女の人は ねむっていた
 ので、ペドロがきたことに 気づきませんでした。やがて、もうひとり、女の人が
 のりこんで、ペドロのとなりにすわると、汽車は するすると出発しました。


 どちらの女の人もペドロを相手のあかちゃんだと思っていたというわけですが、ベーメルマンス作品のもうひとつの魅力はこういった独特のユーモアが盛り込まれていることでしょう。そのユーモアは思わず読者を絵本の世界に引き込む力を持っています。

 すっかりペドロと一緒にアンデスを旅した気分にさせてくれるすてきな絵本です。

※文中の太字部分は「特急キト号」より引用


海 五郎 * 外国の絵本 * 21:27 * comments(0) * trackbacks(22)

ペーテルとペトラ

ペーテルとぺトラ (大型絵本)
ペーテルとぺトラ (大型絵本)
アストリッド・リンドグレーン/文 クリスティーナ・ディーグマン/絵 大塚勇三/訳  岩波書店  

 先日、知人から「小学校の入学祝いにおすすめの本は?」とたずねられて、思いついたのがこの絵本でした。きっと、期待と不安に胸を膨らませている新一年生にはぴったりの贈り物になると思います。

 ストックホルムの小学校一年生のクラスで国語の授業をしていると、ドアをコツコツたたくとても小さな音がしました。先生が「おはいりなさい」と言っても、もういっぺんドアをたたく音がするだけです。
 ドアの近くにいたグンナルという男の子がドアをあけると、そこには小さい小さい男の子と女の子が立っていました。二人は小人の一族ですが、その小学校の学区にある公園の中に住んでいたので、そのクラスで一緒に勉強することを先生が認めてくれました。

  でも、ふたりは、どこにすわればいいでしょう? こんなちびさんにつり
 あうほど小さい腰かけなんて、ひとつもありません。
  「ぼくのとこにすわってもいいですよ。」と、グンナルは、むちゅうでさけ
 びました。


 もともとこのお話は「親指こぞうニルス・カールソン」(岩波書店)に収められていたものですが、こうして絵本で読むとペーテルとペトラのかわいらしさがよく伝わってきます。黒板を上手にモチーフにした表紙と裏表紙や、ペーテルとペトラがスケートをしている見返しの絵もすてきです。
 この絵本は昨年の十月にリンドグレーン生誕百年記念事業の一環として出版されたものですが、彼女への愛情がいっぱいに詰まった造本といえるでしょう。これから先の時代にも、新しい装丁で、必要があれば新訳で、リンドグレーンの作品がその時々の子どもたちの手元に届けられることを心から願います。必ずや生誕二百年のときも、リンドグレーンの作品はその輝きを失うことはないのですから。

※文中の太字部分は「ペーテルとペトラ」より引用

海 五郎 * 外国の絵本 * 00:34 * comments(2) * trackbacks(0)

よあけ

よあけ
よあけ
ユリー・シュルヴィッツ/作・画 瀬田貞二/訳  福音館書店  

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。本年も「わくわく本」をどうぞよろしくお願いいたします。

 やっと購入したパソコンが届き、瀕死状態の旧パソコンから必要なデータも何とか取り出すことができました。心待ちにしていたとはいえ、OSも異なるパソコンへの乗り換えはやはり煩雑で眠れない夜が続いています。

 きょうの紹介は年明けと、ブログ再開にふさわしい絵本を選びました。この絵本はずっと以前からとても好きだったのですが、なにかのめぐりあわせで持ってはいませんでした。それが「ことり文庫」忘年会の絵本交換で、運命に引き寄せられるようにぼくの手元にやってきたのです。袋を開けてこの絵本が出てきたときの喜びは、ちょっとたとえようがないほどでした。この絵本を選んでくださったSさん、どうもありがとうございました。

 あ、そよかぜ……
 さざなみがたつ。

 しだいに。ぼおっと もやがこもる。


 夜明けのひと時はそれをどこで迎えても、それがたとえ飲み明かした繁華街であっても、ちょっとした幻想的な美しさを感じます。
 でも、やはり湖のほとりで迎える夜明けほど胸を打つものはありません。湖面をうっすらと覆うもや、すべての音を吸い込んでしまったような静けさ。ぼくはこれまでの人生でいったいどれだけそういった光景に遭遇してきたでしょうか。実際に目にしたのは両手の指で足りる回数かもしれません。それでも心の中ではっきりとイメージすることができます。
 この「よあけ」という絵本を初めて手にしたとき、ぼくは自分のイメージと重なり合うような内容に感動すら覚えたことを記憶しています。水彩画の落ち着いた色使いが描き出す湖畔の夜明けの情景。少し古風な訳文が叙述的な雰囲気を醸し出し、絵本の中の世界をを静かに伝えてくれます。
 少しずつ明るさを増し、静けさの中から動き出すものたち。その静かな時の歩みと、一瞬にして世界が一変するラストの光景の対比は、見事としか表現のしようがありません。

※文中の太字部分は「よあけ」より引用

海 五郎 * 外国の絵本 * 00:41 * comments(0) * trackbacks(0)

ねぼすけ はとどけい

ねぼすけ はとどけい 新装版
ねぼすけ はとどけい 新装版
ルイス・スロボドキン/作 くりやがわけいこ/訳  偕成社   

 人がおとなになっていくにつれて身につける常識や分別。それはとても必要なものだけど、時としてそれが邪魔をして真実を見逃してしまったり、事の真相から遠ざかってしまうことがあります。そのへんのことはなかなか厄介なことですが、だからこそ人生はおもしろいともいえるのでしょう。

 舞台はスイスの山奥にある小さな村。そこにある小さな時計屋さんのお話です。
 その時計屋さんにはたくさんの鳩時計がありました。もちろん鳩時計ですから、一時間ごとに鳩が「ポッポー」と飛び出します。村の子どもたちは、そんな鳩時計を見ることを毎日楽しみにしていました。
 しかし、その鳩時計の中に一羽だけいつもほかの鳩より一分ほど遅れて鳴く鳩がいたのです。時計屋のおじいさんは、いつかその鳩時計を直そうと思っていましたが、なかなかそのひまがありませんでした。
 そうやってその鳩時計の修理を先延ばしにしているうちに、たいへんなことになりました。カラビアという国の王様がやってきて、そのお店にある鳩時計をおみやげにひとつ残さず買うことになったのです。ところが、ひとつだけ遅れて鳴く時計があるのを見てしまった王様が「かうのはやめだ!」と言い始めました。
 次の日の十時までに直しておくと王様に約束をしましたが、おじいさんにはどこが悪いのかわかりません。村の子どもたちもあれこれと考えてくれましたが、おじいさんは悲しそうな顔をするだけです。

 「あのねえ……、まちがっているかもしれないけれど……、
 もしかすると、あのはと、とけいの 中で、
 ぐっすり ねむってしまってるんじゃないの。
 じかんがくる すこしまえに、おこしてあげなきゃ
 いけないのかもしれないわよ。」


 最後に小さな女の子がそう言ったときは、もう誰も何も言わずに帰って行きました。
 そのあと、ひとりになったおじいさんがとにかくその時計を台に乗せて修理を始めると……。

 この絵本の作者ルイス・スロボドキンさんは「たくさんのお月さま」(文はジェームズ・サーバー)の絵を手がけたことで有名な人だけど、この二冊の絵本には同じユーモアの水脈みたいなものを感じます。これだから子どもの本はおもしろい。どちらもそう思わずにはいられないすてきな絵本です。

※文中の太字部分は「ねぼすけ はとどけい」より引用
海 五郎 * 外国の絵本 * 22:57 * comments(2) * trackbacks(0)

せんをたどって

せんをたどって (講談社の翻訳絵本)
せんをたどって
L. ユンクヴィスト/作 ふしみみさを/訳  講談社   

 最近出版される翻訳絵本では、ふしみみさをさんの仕事から目が離せません。きょう紹介する「せんをたどって」も、そんな彼女の仕事です。

 上の画像では少しわかりにくいかもしれませんが、この絵本は表紙のタイトル「せんをたどって」の文字から裏表紙の「おわり」の文字まで一本の線で描かれています。ついつい夢中になって指でたどってみるのですが、それがなかなかたいへんです。うっかりすると途中ですぐに迷子になってしまいます。どこか誤魔化してるんじゃないのなどと思いたくなりますが、そんなことはありません。正真正銘の一本の線が表紙から裏表紙まで続いているのです。
 建物も樹木も動物も乗り物も人の顔でさえ、登場するものがこの絵本では切れ目のない一本の線なのです。線は町から村へ、朝から夜へ、海から空へとつながっています。こんなすてきなアイデアで絵本をつくった作者のローラ・ユングヴィストさんとはいったいどんな人なのでしょう。
 タイトルの「せんをたどって」という平仮名文字も作者自身がつくったものをもとにしたとのこと。一本の線からあたたかさが伝わってくる不思議な絵本です。

海 五郎 * 外国の絵本 * 19:37 * comments(0) * trackbacks(0)

ねむれないの、ほんとだよ

ねむれないの、ほんとだよ (大型絵本)
ねむれないの、ほんとだよ (大型絵本)
ガブリエラ・ケセルマン/文 ノエル・ビリャムーサ/絵 角野栄子/訳 岩波書店 

 眠れない夜があることは、古今東西、老若男女を問わず人が生きていく上での大きな悩みのひとつかもしれません。お子さんの不眠に悩まされるご両親も多いことでしょう。

 きょう紹介するのはそんな夜を描いたスペインの絵本(ガブリエラ・ケセルマンさんはアルゼンチン人ですが)です。角野栄子さんのすてきな訳文で岩波書店から邦訳が刊行されました。

 マークは眠りたいのに眠れません。「ママ、こわいよー、こっちにきてよー」、マークは大声でママを呼びました。マークは大きな蚊が飛んで来て刺すとママに訴えます。

 「ほら、もう できたわよ、カをよける パジャマ。
 ヘルメットも ちゃんと かぶったし、
 ブンブンむしを やっつける かたなもあるし、
 くまちゃんだって たすけてくれるわ。
 ね、これで かんぺき しんぱいなし。
 じゃあ、おやすみ、かわいい ぼうや」


 ママは行ってしまいました。でも、またすぐにマークは叫びます。今度の理由はベッドが高くて落ちるから。ママはまたしても完璧すぎる対策を施します。
 それでも……。

 おおらかでウィットに富んだママの姿に暖かさと愛情があふれていて、読んでいてとても楽しくなる絵本です。お子さんの不眠についつい目尻をつり上げてしまっているおかあさんがいたら、ぜひこの絵本を読んでみてください。
 どこか酒井駒子さんの諸作に通じるような母と子のお話でありながら、登場する母親は静と動というぐらいに正反対。酒井さん、角野さんのファンにはとくにおすすめです。

※文中の太字部分は「ねむれないの、ほんとだよ」より引用

海 五郎 * 外国の絵本 * 13:14 * comments(4) * trackbacks(0)

かさどろぼう

かさどろぼう
かさどろぼう
シビル・ウェッタシンハ/作 いのくまようこ/訳  徳間書店   

 村の人たちは、まだ傘というものを見たことがありません。雨が降れば、バナナやヤムいもの葉っぱを傘のかわりにしたり、袋や布やかごを被ったりしていました。
 そんな村のキリ・ママというおじさんがある日、生まれて初めて町に出かけます。なにもかもが珍しかった町の様子で、キリ・ママおじさんの目をとくにひいたのが、傘でした。

 「なんて きれいで べんりなものだろう。どら、わたしも いっぽん
 かってかえるとしようか」


 キリ・ママおじさんはうれしくてたまりません。村に帰ってどうやって傘をみんなに見せびらかそうか一生懸命思案します。
 キリ・ママおじさんが村に帰り着いたのは夕方だったので、おじさんは「きれいな かさを みせびらかすのなら、ひるまのほうが めだっていい」と思いました。ところが、おじさんがコーヒーの店に立ち寄っている間に、傘が盗まれてしまいます。
 おじさんは再び町に傘を買いに行くことにしました。しかし、そうして買ってきても、そのまた次も、傘はコーヒーを飲んでいる間になくなっていました。おじさんはあきらめずに傘がなくなる度にに町へ行って傘を一本買いました。
 そんなことを何度も繰り返したあげく、おじさんもさすがに知恵を絞って犯人を追いかける手だてを思いつきます。そうして追跡した先にはなんと、木の枝にずらっと傘が三十本近くきれいに並んでぶら下がっていました。
 もちろん、おじさんはその傘を持ち帰りますが、一本は泥棒にあげることにして残しておきました。
 そして、次の日おじさんは……。

 なんとのどかでユーモラスに溢れたお話でしょう。絵ものびのびとした力があってとても魅力的です。西欧文明の尺度では測ることのできない豊かさがこの絵本には溢れています。
 最近はアメリカやヨーロッパの絵本に限らず、アジアやアフリカ、南米などの絵本も日本でたくさん紹介されるようになってきました。この絵本の作者は「きつねのホイティ」(福音館)などがすでに邦訳されているシビル・ウェッタシンハさんで、スリランカを代表する絵本作家です。
 こうした絵本を通して、いろいろな国のお国柄や人々の人柄、さまざまな知恵を知ることは将来を担う子どもたちにとって、とても大切なことのように思います。グローバル化が真の豊かさをこの地球全体にもたらすためには、そうした理解は不可欠だからです。

※文中の太字部分は「かさどろぼう」より引用
海 五郎 * 外国の絵本 * 14:02 * comments(0) * trackbacks(1)

ロージーのおさんぽ

ロージーのおさんぽ
ロージーのおさんぽ
パット=ハッチンス/作 渡辺茂男/訳  偕成社   

 毎日、いろいろな心配事を抱えながら生きている自分が、ふと嫌になることがありませんか。そんなときはこの絵本を開いてください。

 めんどりの ロージーが おさんぽに おでかけ。

 おにわを すたこら

 おいけの まわりを ぐるり


 とても文字の少ない絵本で、テキストではロージーがどこを散歩し、最後には晩ご飯に間に合うように帰り着いたことが語られているだけです。
 ところがこの絵本にはもうひとり(一匹)の主人公がいます。ロージーが家を出たときから、そのロージーをねらっているきつねです。
 ロージーがのどかな散歩を続けるあいだ、きつねの方はロージーを捕まえようとする度に池に落ちたり、粉ひき小屋で粉を被ったりと、さんざんな目にあいます。最後には蜂の巣箱に衝突して蜂に追いかけられ命辛々逃げ出す始末。
 ロージーはといえば、自分が狙われていることも、きつねに次々と訪れる災難も露知らずゆうゆうと散歩を終えました。

 まだ字の読めない子どもがこの絵本を誰かに読んでもらったとして、このテキストには一切登場しないきつねの様子に夢中になることでしょう。そして、こんな絵本との出会いが子どもを絵本好きにしてくれるのかもしれません。

 それにしても、このロージーの無邪気さというか、無防備さというか、なんとも羨ましい限りですね。こなん具合にただ前を向いて、毎日を過ごすことができたらどんなに幸せでしょう。もちろん現実はそんな具合に行かないことはわかっているけれど、ロージーに少しだけその勇気をわけてもらって明日を迎えることにしましょう。

※文中の太字部分は「ロージーのおさんぽ」より引用
海 五郎 * 外国の絵本 * 01:16 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ